第一章 総 則
第一条 <名称>
 本会の名称は「白門放送研究会」とする。
第二条 <白門放送研究会の所在地>
 中央大学放送研究会内に置く。(東京都八王子市東中野742)
第三条 <目的>
 会員相互の親睦、交流、情報交換、および現役放送研究会員との交流を図り、大学の発展とその使命達成に寄与する。
第二章 会 員
第四条 <資格>
 会の会員は中央大学放送研究会で活躍し、かつ卒業時に会員であった者とする。
 ただし、現役時中途退会者については、本人の申し出があった場合に限り同期の会員の推薦を得て、
 かつ、幹事会の承認を得て、会員となることが出来る。
第五条 <届け出>
 本会会員は各人の都合により、住所の変更、あるいは勤務先の変更、転勤など通知すべき事項が発
 生した場合は速やかに幹事会へ連絡する。
第六条 <罰則>
 会員が本会の品位を著しく気づ付けたと幹事会が認めた場合、当該会員は、退会処分とする。
第三章 事 業
第七条 <事業>
 本会は下記の事業を行うものとする。
  一、機関紙の発行
  二、記念行事
  三、現役への支援
  四、名簿維持と管理
  五、その他
第四章 組 織
第八条 <会長、副会長、会計監査人、参与、顧問>
 本会は会長1名、副会長数名、会計監査人2名を置くものとし、参与および顧問を適宜置くことが
 できる。
第九条 <組織>
 本会に幹事会、および役員会を置くものとする。幹事会および役員会は適宜これを開催する。
 幹事会、および役員会は、会長がこれを招集する。
 会長に事故があるときは、あらかじめ役員会で定めた順序によりこれに当たる。
第十条 <部会の設置>
 本会には幹事会で承認された部会を設置する事が出来る。
第十一条  <幹事会および役員会>
 本会は、下記のように幹事会および役員会を構成する。
  一、幹事会 会長、副会長、会計監査人、参与、幹事長、副幹事長、会計、幹事各期数名、現役2名
  二、役員会 会長、副会長、会計監査人、参与、幹事長、副幹事長、会計、部会代表
第十二条  <任期>
 役員の任期は、総会から次期総会までとする、
 ただし、欠員が生じた場合は、速やかに選出し、残任期間をその任に当たる。
 また、役員の再選はこれを妨げない。
第十三条  <選出方法>
 選出方法は、以下の通りとする。
  一、<幹事> 幹事は、各期より数名を推薦する。
  二、<幹事長および副幹事長> 幹事長および副幹事長数名は、幹事の互選により決定する。
  三、<会計> 会計2名は、幹事の互選のより決定する。
  四、<部会> 部会代表は、部会員の互選により決定する。
第五章 会議
第十四条  <総会>
 定例総会は原則として3年に一度づつ、9月に行うものとする。
 ただし、必要により周年行事と同時開催する場合は、周年行事の開催に合わせる事とする。
 また、幹事会が必要と認めた場合は、臨時総会を開催する事が出来る。
第十五条  <決議>
 総会は最高の意思決定機関とする。
 総会に於ける議決は出席会員の過半数以上の賛成を必要とする。
第六章 会費
第十六条  <会費>
 会費は、年2000円とし、総会から次期総会までの年数分を一括して、払い込む。
 なお、会員からの寄付は、随時、歓迎して受け付ける。
第七章 会計
第十七条  <経費>
 本会の経費は、会費、寄付金、その他の収入を持って充てる。
第十八条  <会計>
 会計年度は、毎年4月1日より翌年の3月末日までとする。
 会計報告は会計監査を受けたのち、幹事会の承認を得て、総会および機関紙マイトークにて報告する。
付則
 会則の改定については、総会で審議し承認を受けるものとする。
 本会則は、平成29年9月9日より有効とする。